社会保険でトンローの病院が外れたよ

nurse and screens
タイで働いている人は、タイの社会保険に加入しなければならない。
 
大雑把に言ってしまったが、役員等例外を除き、タイで労働許可を得て働いている人は社会保険に加入しなければならないのだ。
そのタイの社会保険を簡単に紹介すると…
 
・タイで働いている人は加入しなければならない
・保険料は5%で、最高で750B(15000Bの5%)
・保険内容は、老齢年金、失業手当、傷病、障害、死亡、出産等
・特に、医療に係わる部分は全て無料!
 
Goofy Nurse Fun!

Flickr : https://goo.gl/kapQG8

 
日本よりいいじゃん!と思われるかもしれませんが、実は、その保険を利用出来るのは対象となっている一部の病院や診療所のみ。
意外と不便なのである。
 
この社会保険制度、外人でも同様に対象となる為、どこかしらの病院を選択しているはずなのだが、今回、この社会保険の適用できる病院に変更があり、トンローのカメリアン病院が外されたのである。
このカメリアン病院はトンローにあり、欧米人等も多く利用していることから英語が通じやすく、場所も通いやすい為、ここが指定になっている会社も多いはず。
 
ここが選択できなくなったので、ここを選択している人は今年中にどこか別の病院を選択する必要がある。
 
トンローから近くだと、ペップリー通り沿いやラマ4世通り沿い等の病院が候補に上がるかと思うので、総務担当者等に周辺にどのような病院があるか確認し、通いやすい、利用しやすい病院を選択するのがよいのではないだろうか。
 
 
ただ、タイの社会保険制度、タイ人でもなかなか利用しづらい制度なので、時間をかけてまで調調べなくてもいいと思います。
 
日本人は会社が別途、健康保険をかけてくれている事が多く、有名私立病院(バンコク病院やサミティベート病院、バムルンラート病院等)にかかっていると思いますので、この機会に一応確認だけしておいてみてください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク