タクシー業界に新たな風!タイのタクシーが変わるかも?

taxi4

タイのタクシーの日常

皆さんもご存知の通り、タイのタクシーはヒトクセもフタクセもあるドライバーが多数で、思ったとおりに事が運ばないことがよくあります。

記憶に新しい物で、日本人男性がメーターを使われず高い料金を請求され、その事をFaceBookに投稿し大きな反響を呼びました。

また、同じく日本人男性がタクシーを利用した際、初乗りの運賃が75バーツと表示されており、不思議に思った男性が、ドライバーとの会話を録画し、映像を公開した事で大きな話題となり、覚えている人も多いのではないでしょうか。


そんなタイのタクシーが大きく変わるかも!?

そんな事もあってか、安全、安心して利用できるタクシーを運行しようという会社が現れたのだ。

タクシー業界に新規参入するのは、タイの長距離路線バス会社ナコンチャイエア。

投資額は約7億バーツ(約25億円!)
会社名はオールタイタクシー(ALL THAI TAXI)。

車両はトヨタ「プリウス」。

ドライバーは全員訓練を受けた「社員」で、「乗車拒否なし」「メーター使用」を徹底。

また、下車時には走行距離・時間などを印刷した領収書を発行するとの事。

配車にはタクシー配車アプリを利用。

配車料は20バーツと、先行する他社(UberGrab taxiEasy Taxi)よりも配車料金が安い!

初乗りは据え置きの35バーツ、支払いは現金またはクレジットカード・デビットカードが利用可能。


女性にこそオススメ!

タイ人でもタクシーに乗り込んだとたん、猛スピードで人気の無いところへ…

後で高額な料金を請求され武器を振りかざし脅される…

…こんな事件がタイではまだ発生しているのである。

なので、観光客こそこのタクシーを利用してもらいたい。

特に女性。

このタクシー会社のタクシーは安全性を考慮して運転手は正社員のみである事。

さらに、車内に設置されたブラックボックスで客とのやり取りや走行速度を常時監視しており、安全対策が徹底されている。

本当に安心して利用出来るよう気を配られているのである。


まさに弱肉強食、戦国時代に突入!

海外からの観光客に印象が悪いタイのタクシー業界。
ついに新たな旋風が巻き起こった!という感じである。

本当に良いサービス(というか、日本では当たり前のサービス)を行うドライバーが増えて、どんなタクシーでも安心して利用出来る日が来るといいなぁ。

正式サービス開始は4月1日からとの事。

また利用して、使い勝手等をお伝えしたい。

タクシー配車サービスリンク一覧

ALL THAI TAXI(http://www.allthaitaxi.com/

Uber(https://www.uber.com/cities/bangkok

EasyTaxi(http://www.easytaxi.com/th

GrabTaxi(http://grabtaxi.com/bangkok-thailand/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク