バンコク地下鉄のカードがパワーアップしたらしい

Evernote Camera Roll 20160202 184811

MRTにもある、お金をチャージしておくカード

バンコクの地下鉄(MRT)を利用するのに便利なMRTカード。いくつか種類があるのだが、私が利用しているのはBTSのラビットカード同様、お金をチャージしておいて、そこから自動的に引き落とされる物だ。久しぶりに地下鉄を利用しようとしたら、残高が無かったので、窓口へチャージに向かったのだが…窓口の係員が何か言っている…?

mrt

MRTのチャージカード(http://goo.gl/yRxtmK)


デザインが変わっただけ?

どうやら、カードを交換するといっているようだ。理由までは良く分からなかったが、とりあえず今残っているのを移してくれるとの事。交換してくれたカードが以下の物です。デザインが新しくなり、「M」の文字が大きく表示されている。これ、例の、BTS(高架鉄道)、MRT(地下鉄)、BRT(軌道バス)等の支払いを一つで出来るカード「Mangmoom Card 」では無いんですよね…残念。

Evernote Camera Roll 20160202 184811

実はパワーアップしていた!

実は、今までの地下鉄カード、お金のチャージが1,000バーツまでだったのだ。1,000バーツというのは以外とすぐ切れてしまう。そして、チャージ分が無くなった際には窓口で残高をチャージする必要があるのだが、時間帯や駅によっては、ものすごく並ぶことになる。しかし、今回のデザイン変更に加え、このカードでは2,000バーツまでチャージする事が可能になったとの事!これで窓口に出向く回数が減り、ストレス無くMRTを利用する事が出来るようになったのではないだろうか。

私はBTSのカードもチャージするときは、限界近く(4000バーツ)までチャージします。だって、窓口で並ぶのイヤなんですもん。まぁ、こんなマイナーアップする位なら早く「Mangmoom Card」を実現して欲しいわけですよ…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク