バンコクで一番うまい!?チムチュムの名店に行ってきた!

IMG_6902

古くからの名店!

バンコクに住んで10年になる友人が、「バンコクで一番うまいチムチュムを食べに行こう!」というので、一緒に行ってきました。

チムチュムとは?

チムチュムは、イサーン地方の鍋料理の事。炭火の七輪のような物の上に乗せられた土鍋に、ナンプラー、レモングラス、コブミカンの葉、コリアンダーの根などで出汁をとったスープに、野菜(空芯菜、キャベツ、白菜など)と、春雨、そして肉(鶏、豚、牛、レバーやハツ等)、シーフード等を入れて食べるのです。スープはしっかりダシが出ていて、ハーブ等の香りがするのに、日本人にとっては、どことなく懐かしい感じの味がする料理だ。

IMG_6904

「CHIM CHUM SUTTHIPHON(จิ้มจุ่มสุทธิพร)」

さて、お店だが、本来の店舗だけでは足りないのか、道を挟んで反対側にテントを出して席を用意している。確かに、次から次へとお客さんが来店してくる。これだけ集まるということはやはりおいしいのだろう。

IMG_6905

肝心のチムチュム!そのお味は?

今回はチムチュムセット80バーツと豚肉30バーツ、シーフードセット30バーツ×5?を注文。ほかにも、コームーヤーンとヤムウンセンを頼んでみたが、どれもうまい!
通常は唐辛子入りのタレが用意されているのだが、ここの店はシーユ(日本の醤油に近い調味料)が用意される。元々、鍋の中のスープが濃厚で、それだけでも十分おいしいのだが、器に移した具材に、シーユを少しだけかけて食べると味が変わって、またそれもおいしいぞ

レシートを撮影するのを忘れてしまいましたが、おなかいっぱい食べて、ビールも飲んで、一人300バーツもかからなかったと思います。
タイでは大体、油で炒めるなどしてあり、なかなかヘルシーに野菜を食べる機会が少ないと思うので、たまに行ってみてはいかがだろうか。

「CHIM CHUM SUTTHIPHON(จิ้มจุ่มสุทธิพร)」
電話:081-513-8027,081-244-9247
営業時間:17:00-04:00
定休日:5日、20日

地図は徒歩を想定、20分位はかかると思われる。
地下鉄ラマ9世駅からバイタク、タクシーの場合、ラチャダーSoi3からになると思われる。その場合、ラチャダーSoi3突き当たりを左、一つ目の角を右折、一つ目を左折、そうすると写真の場所が見えてくる。

地図

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク